CTC Challenging Tomorrow's Changes 資材調達のコスト削減にリバースオークション リバースオークションサービス
tel 03-6417-5230 email auction@ctc-g.co.jp お問い合わせ
TOP > 購買の業務改革

購買の業務改革

リバースオークションによるコスト削減


資材調達のコスト削減、原価低減を行う為には、購買部署の業務改革が求められています。

近年、購買部署に対する経営陣からの期待感が大きく膨らんでいる為、毎年の削減目標は増大の一途をたどっております。

しかしながら、ここ数年の原材料の高騰もあり、従来通りの手法では目標の達成はできません。この様な中で、今必要なのは、今までと違った方法論(業務改革・業務革新)による、飛躍的な効率 ・効果の向上です。

リバースオークションは、2000年に日本に紹介され、特にこの2〜3年で急速に広まりつつある手法です。従来、日本の購買業務には 無かった新しい手法ですが、ここ数年開発購買などのの日本の"ものづくり"の伝統的な手法と結びつきいよいよ真価が発揮されるようになりました。

その特徴は、短期的にコスト削減効果が得られると同時に、従来進まなかった購買部署の業務改革も実現できることです。

リバースオークションによるコスト削減

リバースオークションによる業務改革


弊社ではリバースオークションを推進する際に、購買(特にソーシング活動)の業務改革・業務改善が必要となると考えます。

業務改革の内容はバイヤ企業の状況により様々ですが、一言で申し上げますと購買業務全体の見える化(視える化)の推進です。

見える化の推進で可能になるのは、以下の5点です。

1.業務プロセス標準化
2.購買データの正規化
3.要求仕様の明確化
4.取引条件の公平化
5.取引先評価基準の透明化


リバースオークションを実行する際には上記の5点を明確にしないと遂行出来ませんので、もし課題が有る場合には、整理・調整しなければいけない事項として自ずと浮き彫りになります。

弊社サービスのユーザー企業からは、リバースオークション導入が、社内における購買の業務適正化活動のよいきっかけになったとの声が多く寄せられています。

また、見える化以外にも、分散購買状態から集中購買状態への移行と共に、都度見積品と価格協定品の比率が改善されたり、品目や取引先の集約が行われます。

資材調達のコスト削減
よくある質問 セミナーのご案内 リバースオークションASP サプライヤの方はこちら リバースオークションASP バイヤの方はこちら
お問い合わせ
ページトップへ戻るページトップへ戻る

Copyright© ITOCHU Techno-Solutions Corporation